急にトイレの水が流れていかなくなり、焦ったことはありませんか?トイレとなると、臭いが気になりそのままにしておくことができませんよね。ここではトイレがつまる原因をまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

つまる原因

トイレの構造を知ろう

トイレのつまる原因として、まず思いつくのは排せつ物が流れない、ということかもしれません。しかし実はそれよりも、他の物が流れずにつまってしまった、ということの方が多いのです。例えばトイレットペーパー…

See more »

トイレのつまりの症状は?

用を足し終わった後に水を流すと確かにタンクから水は流れるけど、便器への水の流れが悪いという経験はありませんか。完全にトイレットペーパーなどが流れず、次使用する人に不快な気持ちを与えたくないですよね…

See more »

トイレのつまりで困ったらプロに依頼しよう

トイレのつまりを自力で解決できない場合は、プロに依頼するのがおすすめです。プロ仕様の道具を使って問題を解決してくれます。

トイレのつまりは「やったことあるかも」が原因!?

物を落とすと詰まる可能性がある

自宅だけではなく、会社や学校などでも使用することになるのがトイレです。日常生活を送るうえでは非常に重要な設備となるので、万が一問題が発生し、使用不可の状態になってしまうと困る事態に陥るでしょう。 水漏れや便器のひび割れなど、使用不可となる原因は様々なですが、最も多いのがつまりです。水の流れが悪くなったり、逆流したりなど、つまりによって悲惨な状況になります。トイレつまりは、日常生活のやったことあるかもが原因で発するので、気を付けることが大事です。 たとえば、物を落として取り除かないまま水を流してしまうと、いきなりではなくても、徐々につまる場合があります。配管の奥で詰まるほど取り除くために時間がかかります。

トイレットペーパーの使い過ぎに注意

物を落として水を流すだけではなく、トイレットペーパーの使い過ぎも原因の1つなので注意しましょう。お腹の調子が悪い時、ついつい普段よりもトイレットペーパーを多く使ってしまう時があります。ただ、多くの量をまとめて流してしまうと、つまりの発生リスクが高くなります。 また、少しずつつまりが発生している状況に気付かず、使用を続けることで状況が悪化することもあります。発生を防ぐためには最低限の量で済ませること、多くなりそうな時は数回に分けることなどの対策が効果を発揮します。 このような心掛けは自分だけではなく、一緒に生活している家族や会社の従業員、学校の教員や生徒などにも意識してもらうことで、トイレつまりの発生を防げます。

対処法

トイレのつまりを自分で直そう!

プロに頼むのもあり

トイレがつまらないために心がけること